新しい未来を生きる子どもたちへ

BOOK FORESTは、読書を通して子どもたちの心に栄養を与え、幹の太い大きな木がたくさん育ってほしいという願いを込めて素敵な絵本を紹介しています。
理科教諭の視点から、自然に身の回りの自然科学に興味を持てるような絵本をピックアップしております。
子どもにとって、成長の早い段階から科学のルールを知ることはとても重要です。人は、自分がルールを知らないことには深い興味を持つことができないということが科学的に明らかになっているからです。例えば、ルールを知らないスポーツを観戦しても十分に楽しむことは難しいでしょう。
日々の生活の中で、少しづつ子どもに自然界の成り立ちや物理的な知識、数の概念などを教えてあげることで、子どもは自ら身の回りの事象に興味を持つことができるようになるのです。

Society5.0

flower

AIとデータが社会を大きく変えていく現代において、STEAM(Science ,Technology,Engineering,Art,Mathematics)学習が重要であると言われています。
これまでのような正しい知識やスキルを身につける教育ではなく、理数の知識を活用して課題解決に導く考え方が求められているのです。
理数教育の中にArt(芸術)が含まれたのは近年になってからです。理数の知識を活用するには想像力や創造性といった、Artの領域が必要であるといわれています。
BOOKFORESTでは、世界の著名なアーティストによって描かれた絵本や、美しい色彩の絵本、想像力をかき立てる絵本など、子どもの五感にはたらきかける絵本をご紹介しています。